割引率の低い商品の売リ方とは

割引率の低い商品の売リ方

割引率の低い商品の売リ方とは

「新規顧客開拓マスター」の須山三郎です。

先日異業種交流会にいってきましたが
色々な話が聞けてとても為になりました。
お会い出来た皆さまありがとうございました。

今回のテーマは
割引率の低い商品の売リ方とは
です。

今回は商品の売り方の一例をお話したいと思います。
例えば2店舗の洋服屋の商品の売り方を比較してみましょう。

Aショップは半額セールで商品を売っています。
Bショップは2つ買うと後一つ無料ですといって商品を売っています。

ではAショップとBショップの割引率を考えてみましょう。

Aショップは半額なので50%offです。
Bショップは3つのうち1つは無料なので約33%offという事になります。

売上で考えても
Aショップは半額なので1万円の商品なら5千円になるので5千円の売上です。
Bショップは二つは買うので2万円の売上です。

ここで「同じ商品三つもいらないよ」となるかも知れません。
商品によってはそうですよね。

なので違う商品を3つでもいいと思います。
例えば1万円の商品を2枚買ったら
1万円相当の商品の好きな物を無料でプレゼント!
みたいな感じでもいいと思います。

割引率は33%よりも高くなることは
半額セールとやるよりか利益率を高く商品を売る事が出来ます。

この手法はBUY2GET1FREE(バイツーゲットフリー)というやり方で
海外ではこの手法を多く使われています。
BUY1GET1FREE(バイワンーゲットフリー)の手法もまた
1つ買うともう1つが無料といったやり方です。

BUY1GET1FREE(バイワンーゲットフリー)の場合は
半額セールと変わりませんが売上は1つ分の料金は支払う事になるので
半額セールよりは売上はあがりますね。

ショップを一例として出しましたが
他でも使えそうですね。

商品を3つ考えて1つを無料にして売りだすとかですね。
その時無料にする商品は他の二つよりも安い価格の物にするのが大事です。
割引率が下がってしまうので気をつけてください。

他にも3つの商品があった場合
もしこの3つをまとめて買ってくれたら
100万が80万ですよみたいな売り方も出てきますよね。
40万・40万・20万の商品だとすれば
20万の商品が無料という事になりますね。

なんかすごいお得感ができますよね。
もちろん価格にあったサービスでないとダメですが。

起業したらよく松竹梅の3つの商品があった方が良いというのは
BUY2GET1FREE(バイツーゲットフリー)にも使えるという事もあると思います。

話はそれますが松竹梅の3つの商品をなぜ作るかというと
人間の心理に基づきます。
例えば
100万の商品と
30万の商品と
10万の商品があるとします。

初めから30万の商品の話をするよりも
100万の商品の話をしてから30万の商品もありますよと
いった方が30万の値段が安く感じられると思います。

詐欺師はこういった人間心理をよく知っているのかなと個人的に思います。
詐欺をしないでまっとうな役に立つ商品を売ればいいのにな~と思ったりもしますが
楽して儲かる方に目が眩むのでしょう。

話はそれましたが
今回は「割引率の低い商品の売リ方とは」を紹介しました。

では今週も張り切って行きましょう。



Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/webstyleair/sonido-town.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*