「ほんの少しの行動の変化が大きなビジネスの違いを生む」その行動とは?

「ほんの少しの行動の変化が大きなビジネスの違いを生む」その行動とは?

新規顧客開拓マスターの須山です。

最近引越しを考えている私ですが
物件探しは面白いですね。

なんか想像が膨らむというか、ワクワクします。
まだ正式に引越しを決めた訳ではないのですが
少し下見に何件か回ってこようと思います。

新しい物件に関して自分がどうしても
はずせないポイントっていうのがあるんですよね。
これは他の人もそうだと思うのですが
例えば広さや間取り、向きや清潔感など
色々あると思います。
私は意外にモニター付インターホンが
あるかないかも気にしていました。

この物件はいいけどモニター付きじゃないな~とか
モニター付きを自分でつけれるのかなといった所を
調べていたりしました。

そして色々なサイトを見ていたのですが
やはり写真は大事ですね。
写真の枚数が多ければ多いほど
良いといった印象でした。

写真で判断するようなサイトは
写真を多く投稿した方がいいのかもしれませんね。

さて今回のテーマは
「ほんの少しの行動の変化が大きなビジネスの違いを生む」その行動とは?
です。

これはアメリカのマーケターのダン・ケネディの教えを共有したいと思います。

そこには三つの行動の変化があります。

①未来預金の事を考える

現在預金は通帳残高です。
未来預金とは将来に入る収入の事です。
これは資産と読んだりもしますよね。

収入は使ったらなくなりますが、
資産は収入を生み出してくれるものです。

例えばマンションは一度たててしまえば
なくなりませんよね。
そして家賃収入という収入を生み出してくれます。
これがいわゆる資産ですね。

そしてマンションという資産があれば
それを担保にまた銀行からお金を借りて
マンションを作り資産を使ってまた資産を作る事ができます。

このように未来預金というのは資産を意味します。

不動産ビジネスの場合はこの資産が
マンションであったりするわけですが
他のビジネスの資産はなんでしょうか?

それは顧客リストです。
つまりあなたの会社のファンの人達が資産という事です。

あなたの会社のファンのリストがいれば
そこにDMやらメルマガで商品を売る事が出来ます。
新商品ができればまた告知をして買ってもらえます。
一回だけではないですよね。
何回、何十回と買ってもらう事は可能です。
顧客との関係性を保っていればリストはなくなりません。

これがビジネスの資産であり
未来預金になるわけです。

なので一つ目の行動は未来預金を考えているかいないかで
何年後か先にライバルと大きな差が出てくるという事です。

現在預金にフォーカスしているのが一般の人で
未来預金にフォーカスしているのがレネゲイドというわけです。
※ここでいうレネゲイドとは他の人とは違った行動をとり成功を収める人の事を言います。

現在の収入を伸ばすか、現在の顧客リストを増やそうとするかが
鍵という事をケネディは言っています。

②売上の目的に対する考え方

あなたは売り上げの目的をどういう風に考えていますか?
この言葉を聴いてどう思いますか?
「一般の人は、商品を売るために顧客を獲得する。レネゲイドは顧客を獲得するために商品を売る」
???

こちらは目的意識の差です。
最初の売り上げでいくらもうかったのかはどうでもよくて、
大事なのはそれをきっかけに顧客との関係を作ること。
顧客との絆をつくること。
つまり売上の目的は資産をつくるということです。

売ったら終わりではなくて次に何を売るか、
どういう関係作りをしていくかを考えていくのです。

売り切りはやめろということです。
売って関係性をよくして次にまた商品を買ってもらう。
リピートのないビジネスは成長しないということです。

売上の目的が違うと広告費に対する考え方も違ってきます。
広告費をコストと考えるのが一般の人で
広告費を最高の投資と考えるのがレネゲイドです。

広告はなるべくかけたくないというのが
人間の潜在的意識にあると思いますが
これを変えていけというのです。

できますか?やるしかないですね(笑)

要するに他の起業家と同じようなマインドや行動をしては
成功はつかめないという事をケネディはいいます。
簡単に言えば変人になれというわけです。

売上の目的の考えが違えば今後の売り上げは違ってきます。

③お金のマインドセット(お金に対する考え方)

一般の人はお金は有限と考えるが
レネゲイドはお金は無限にあると信じている。

人からお金をもらうとその人のお金は減ります。
しかしトータルのお金は量は変わっていない。
こう考えるのが一般の考え方です。
その考え方だとお金をもらうこと、商品を売ることは
人からお金を奪うことだと考えてしまいます。
そうするとお金に対する罪悪感が生まれます。

罪悪感があるビジネスはうまくはいかないとなるわけです。
そうですよね?楽しいと思ってないわけですから。

このお金が有限という考えを捨てなければなりません。
海水を100リットルもらいました。
あ~海水が100リットルもなくなったな~なんてことは
考えないでしょう。
海水は無限だと潜在的に思っているからですよね。
なのでお金が無限という考えをもつ事が大事だという事です。

お金もうけは悪い事なんかではありません。
お金をもらうということは価値を交換するということです。
おなたの価値とお金を交換するだけなのです。

売ることに罪悪感があると、次の商品が売れない。
あなたがもし売ることに罪悪感があるとすれば
同じ人に商品を再び買ってもらうことはできなくなります。

なのでお金のマインドセットは非常に重要です。

今回ケネディから教わる3つの考え方について共有しましたが
いかがでしたか?

もしあなたが本当に成功したいと思うのなら
この考え方は常にもっておかなくてはいけません。

今後もダン・ケネディから学ぶシリーズは
やっていきたいと思います。

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。



Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/webstyleair/sonido-town.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*