ダイレクトマーケティングで売り上げをあげる

ダイレクトマーケティングで売り上げをあげる

ダイレクトマーケティングで売り上げをあげる

「新規顧客開拓開拓マスター」の須山三郎です。

今回のテーマは
ダイレクトマーケティングで売り上げをあげる
です。

ダイレクトマーケティングとは
商品やサービスに対して、
何らかの興味を持っている見込み客だけに
ターゲットを絞って、
直接的にアプローチをしていくマーケティング手法です。

つまりダイレクトマーケティングは
濃い見込み客を集める必要があるわけです。

ダイレクトマーケティングは
マスマーケティングと対として扱われています。
マスマーケティングは広い層にアプローチするが
ダイレクトマーケティングは狭い層という事です。

ホームページやブログなどは
ダイレクトマーケティングの切り口としては
ありですよね。

しかし、ただホームページやブログを立ち上げただけでは
濃い見込み客を集める事は出来ません。

ホームページはターゲットが定まっていないケースがよくあります。
要するに誰でもいいから興味がある人は買ってね!
ではだめなのです。

商品を売るまえに誰に売るのかを決める必要があります。
でないと濃い見込み客は獲得出来ません。

その商品やサービスは誰の為のものか?
その商品のベネフィットを考えればおのずと
ターゲットが絞れてきます。

なのでターゲット、つまりあなたが
お客さんになってほしい人は誰なのかを
考える必要があります。

ターゲットが決まらなければ
その人にむけてのメッセージが書けません。

ホームページでよくありがちなケースは
ターゲット層が広すぎてメーセージが
誰にも届かないなんて事はよくあると思います。

もしアクセスが多いホームページだけど
レスポンスがなければ
ターゲットがはっきりしていないからだと
思います。
ターゲットをはっきりさせ
そのターゲットにむけてのメッセージにかえるだけでも
レスポンスは違ってくると思います。

ダイレクトマーケティングをやるのなら
ホームページに無料オファーをつけてあげましょう。
無料オファーについては以前の記事をご覧下さい。
新規顧客を集める為の無料オファーとは?
無料オファーで顧客リストをゲットしましょう。

ダイレクトマーケティングは顧客リストが命です。
顧客リストがなければ
こちらからアプローチする事が出来ません。
なのでホームページで商品を売るという視点ではなく
顧客リストを獲得するといった視点にしなくてはいけません。

ホームページでなくてもいいのです。
ブログだけで濃い見込み客を集めて
ダイレクトマーケティングをやって
成功している人はたくさんいます。

ホームページにブログをつける事が主流になっています。
ブログはWordPress(ワードプレス)がおすすめです。
ブログもドメイン配下に設置をしてくださいね。
そうする事によってホームページが検索上位表示しやすくなります。

少し話はそれましたが
ダイレクトマーケティングは顧客リストを集め
何回も買ってもらう事をしていきます。

ホームページやブログを例にだしましたが
顧客リストを集める為には
広告を出す事もしなくてはいけません。

ターゲットによってメディアの使い方は
違うという事です。

ダイレクトマーケティングはリスト化し
そこに直接的にマーケティングを行います。

ダイレクトマーケティングはセカンド・セールのビジネスだと
言われています。
同じ人に2回以上買ってもらうことによって利益を得るビジネスです。
なので「顧客リスト」「見込み客リスト」は
ダイレクトマーケティングにおいて最も大事な資産なのです。

リストを集める為にホームページで無料オファーを作ることや
広告宣伝費をかけます。

そして既存顧客や見込み客リストに
DMやメルマガで直接的にマーケティングを行っていきましょう。

これが出来ればおのずと売り上げが上がっていく仕組み作りが
できる事でしょう。

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。



Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/webstyleair/sonido-town.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*